フェブラリーS

 昨年のフェブラリーS。これが、東京競馬場に最後に行ったときのレース。

 その後、なんやかんやで1年経ってしまった。中山開催が始まったときには、「ダービーぐらいには再開するのかなー」とか思ってたら大間違い。

 いつ再開するのか、未だにわからない。雰囲気的には今年のダービーも多分無理だろう。

 と、嘆いていてもしょうがないので、目前のレース予想。

 ◎カフェファラオ。世代限定戦とはいえ、東京ダートマイルは2戦2勝。負けた2戦は距離が長かったと考えれば納得がいく。

 ○アルクトス。こちらもマイルはめっぽう強い。負けたとはいえ、前走根岸Sというローテーションも好感が持てるし、前走の負けは斤量とすれば、むしろ着差を考えれば強いと言えよう。

 で、サンライズノヴァとレッドルゼルは差しタイプなので、今回は消しで。

 ◎-○のワイド1点。

| | Comments (0)

今年の締め

 有馬記念。

 なんか慌ただしい年の瀬。

 ここ 10年、勝つのは3歳馬かこのレースを最後に引退する馬なんだそうだ。(例外がゴールドアクター1頭だけ)

 となると、該当するのはラッキーライラック。中山コースも0200で相性は悪くない。

 色々考え出すときりがないので、これの単勝で。

| | Comments (0)

土曜日なのにGI

 片方は障害競走とはいえ、GIが2つもあるので、よく考えたら、一年中で一番豪華。さらにはGIIのなかで最も賞金の高い阪神カップも行われていて、意外と今日はメチャクチャな日である。

 さて、まずは中山大障害。これは、オジュウチョウサンが出走しなきゃ、メイショウダッサイで決まり。春の中山グランドジャンプではオジュウチョウサンに続く2着なのだから、この馬がいないのなら文句なしに筆頭であろう。

 

 もう一方のGI、ホープフルステークス。

 東スポ杯勝ちのダノンザキッドは勝ちっぷりもまずまず。昨年のコントレイルレベルではないにしろ、これは有力。もう1頭狙いたいのはランドオブリバティ。こちらは2戦とも2000mを使っていることに好感が持てる。切れる脚がどこまであるか、という疑問は残るが。

 オーソクレースはダノンザキッドとの比較からして、一枚落ちる感じ。ヨーホーレイクは来てもおかしくはない。アドマイヤザーゲも一考。シュヴァリエローズは新潟2歳Sがちょっとビミョーだが、悪くはない。

 手を広げても、ダノンザキッドとランドオブリバティを中心に考えたら、配当は低いので、この1点で。

| | Comments (0)

FS

 朝日杯フューチュリティステークス。

 一番人気はレッドベルオーブだが、素直にこれでいいのではないか?

 例年京都で行われているデイリー杯2歳S。今年は阪神で開催され、そこでレコード勝ち。その時計で走れば、文句なく勝てるのだろうから、これでいいと思う。

 今まで3戦とも最速上がりだし、それも心強い。

 レッドベルオーブの単勝で。

| | Comments (0)

Juvenile

 なのだから、「ジュヴェナイル」じゃないのか、と書いたほうがいいような気もするジュベナイルフィリーズ。

 多分勝ち馬は以下のどれか。

 ソダシ・サトノレイナス・オパールムーン・インフィナイト・メイケイエール。

 当たり前だが、これらが1~5番人気を占める。

 そして、連下で来てもおかしくないと思ってるのが、ジェラルディーナ・ユーバーレーベン・ポールネイロン。

 

 ただ、今後距離が伸びたほうが良さそうな馬が多い気がする。

 ということで、インフィナイトかオパールムーン。

 インフィナイトは不良馬場しか走ってないので、よくわからんのは減点材料だが、その中での切れる脚は見事。

 オパールムーンはファンタジーSで見せた豪脚が魅力。今のところ、距離がこれ以上伸びるのは微妙というところもいい。

 どっちかの複勝だなー。

| | Comments (0)

傾向があることとないことと

 チャンピオンズカップ。

 中京1800mになって、6回しかやってないので、傾向と言えるほどの材料は揃っていない。

 とはいえ、前の阪神開催とともに日程は一緒なので、ローテーションはだいたい分かる。(相性はわからないにせよ)

 でもって、JBC組(JBCレディース含む)が4勝、みやこS・南部杯が2勝、武蔵野S・日テレが1勝。2着まで含めても、これのどれか。

 ということで、これ以外のローテは切っても良さそう。

 シリウスSからのカフェファラオ(2番人気)はこれで切れる。

 

 また、中京1800mは8枠が圧倒的に不利。

 となると、断然の1番人気であるクリソベリルも切れる。

 

 あとは好みの問題だが、クリンチャーかサンライズノヴァにしようと思う。

 どちらも、切れる脚はありそう。前者は1800m専門なので、より適性がありそうなのはこちらか?

| | Comments (0)

世紀の一戦

 三冠馬が3頭出走という、空前のレースになったジャパンカップ。

 普通のレースであれば、展開がどうだの、血統がどうだの、距離適性がどうだの、色々考えたいのだが、今回はそういうのは一切なし。

 ◎デアリングタクト 3歳牝馬は斤量、ローテ的に有利。

 ○アーモンドアイ 新旧交代、というイメージで。

 ▲コントレイル 秋2戦しているのはこの中でこれだけで、それはちょっと不利。でも、牡馬の意地も見せてほしい。

 △グローリーヴェイズ 2,400mの相性だけなら、これが一番かな。

 

 ですが、今回は◎→○→▲の3連単で。まあ、外れて悔いなし。

| | Comments (0)

また参る

 マイルチャンピオンシップ。

 こちらも阪神コースなので、あまり過去のデータは役に立たない。

 ◎サリオス グランアレグリアは切れる脚があり、阪神にはもってこい。今回レシステンシアが引っ張ってくれそうなので、なおさら。

 ただ、グランアレグリアが1.6倍、サリオスが4.2倍となると、そこまで差があるとも思えない。

 3歳馬が毎日王冠を勝っただけで、強く評価したい。

 サリオスの単勝。

| | Comments (0)

女王杯

 エリザベス女王杯。

 ラッキーライラックがもっと人気を集めるのかと思ったが、単勝3倍台。

 ほかに、ノームコア、ラヴズオンリーユー、センテリュオが1桁人気。

 展開はと言うと、今回も逃げ馬不在。なので、よくわからない。また、今年は京都じゃなくて阪神なので、従来の傾向も参考程度。

 と、よくわからない。いわゆる「非根幹距離」ということもあって、わからない要素は増える。

 

 散々ゴタクを並べたが、センテリュオとラヴズオンリーユーを取り上げたい。

 前者はなんといっても前走のオールカマー勝ちを評価したい。切れる脚もある。昨年4着だが、この時よりは強くなっていると思う。

 ラヴズオンリーユーはなかなか勝てないが、前走は1番人気を裏切る5着。ただ、重馬場という言い訳は成り立つ。(実際陣営はそう言ってる)

 ということで、この2頭のワイド。

| | Comments (0)

秋の日差し

 天皇賞。

 穏やかな日差しの中、競馬場に行くことができれば言うことないのだが、残念ながら今年はいけない。一体いつになったら普通に行けるようになるのだろう?

 

 さて、2000mの実績を見ると。

 アーモンドアイ(2000)、クロノジェネシス(1100)、キセキ(2110)、ダノンプレミアム(2110)。

 この4頭が「勝鞍があり、かつ3着以内」という条件に該当。

 前の2等は言うことなし。キセキは戦法がいまいちわからん。ただ、武豊だからなんとかしてくれそう。ダノンプレミアムは昨年のこのレース2着馬。(1着はアーモンドアイ)ただ、0.5秒差なので、この間になんか来そうな気はする。

| | Comments (0)

«久しぶりに日曜日は晴れた